物凄いオーバーフロー!新菊島温泉【福島県の温泉】

スポンサーリンク

新菊島温泉

新菊島温泉

新菊島温泉

新菊島温泉は福島県の鏡石町にある温泉旅館です。国道4号線から少し中に入ったところにあります。

高速道路で言えば東北自動車道の矢吹インターチェンジか鏡石のスマートICで出るとスムーズに到着する事が出来ます。

かなり寂れた感じのする温泉宿です。

新菊島温泉

中に入ると薄暗く、大きな声で呼ぶと女性が出てきてので、日帰り入浴を希望すると300円という事で支払いました。

新菊島温泉

婦人病や高血圧に良い薬湯という事です。

いざ、内湯へ!オーバーフローが凄まじい

入り口は男女別に分かれており、中に入ると一旦は男女別の内湯があります。

新菊島温泉

シャワーもあるのですが、壊れていて使えるのは1つのみでした。お湯は褐色というか黄色というか。

かけ湯をして入ります。

凄くヌルっとしてアルカリ性温泉の特徴がすぐに解る温泉です。なんか特有の匂いがしています。モール泉のような匂いに近いけど少し違う感じも。

上の写真の中央やや右よりに穴というか通路があるのが解りますよね。

そこを抜けると混浴ゾーンです。

新菊島温泉

男性用の内湯からは何もなく行けますが、女性用の内湯からは戸があるので、男性が入ってくる事は無いようです。

平日だとそれほど混み合う訳ではありませんが、地元の常連さんがよく来る温泉のようでした。

新菊島温泉

新菊島温泉

新菊島温泉

3方が大きな窓ガラスになっているので内湯でも開放感があります。

そして、ここの温泉の凄いところは、源泉掛け流しなのですが、その量!

新菊島温泉

もう凄い勢いでドバドバとお湯がでています。

新菊島温泉

本当にドバドバドバドバ・・・・・

東北でもこれだけの勢いでお湯が出ているところは少ないでしょう。

しかも源泉温度が39度という事でぬるめで本当に長湯がしやすい温度。こんな適温でこんだけの湯量、良い温泉です!

当然かけ流しでこれだけの湯量となれば、オーバーフローが凄いです。

新菊島温泉

少し解りにくいかもしれませんが凄い勢いでオーバーフローしているので、床に寝そべっていると背中をお湯が流れて半身浴、半身浴と言っても身体の上下ではなく、背中かお腹かという半身浴が味わえます。

ここには何度か行っていますが、その度に床に寝てオーバーフローのお湯を楽しむ半身浴をしています。気持ちよくてついつい寝てしまう事も・・・。

贅沢に掛け流されるヌルヌル感のある極上のお湯です。

新菊島温泉の感想・口コミ

新菊島温泉の感想は、お湯は最高だけど宿としては・・・・・。

あまり掃除や手入れをされている感じは受けられませんでした。でも、この最高のお湯を楽しむだけなら非常に良い温泉です。

実際に温泉仲間がここに宿泊したのですが、ご飯の感想は・・・・素泊まりで良いという事でした。宿だけを見れば別に泊まらなくても良いけど、このお湯だけは何度も味わいたい!という事で日帰り入浴には良い温泉だと言っていました。

日帰り入浴しかした事がありませんが、僕も日帰り温泉として楽しむ分には最高に良いお湯なので、オススメです。

基本情報

  • 施設名 新菊島温泉(新菊島温泉ホテル?)
  • 住所 〒969-0403 福島県岩瀬郡鏡石町久来石南470−1
  • 電話番号 0248-62-6515
  • お風呂 男女別内湯 混浴内湯
  • 訪問日時 2006年10月5日 他数回入浴
  • 駐車場 あり(無料)
  • 日帰り入浴料 300円 9:00~21:00(要確認)
  • ph8.4
  • お湯の色 褐色(黄色っぽい)
  • 泉質 アルカリ性単純温泉
Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

公式サイトは無いようです。また宿泊予約サイトからも現在は予約が出来ないようです。

この近くの温泉で有名なのは甲子温泉と湯野上温泉でしょうか?

日帰り入浴には良い温泉なので、ここを経由して甲子温泉や湯野上温泉に行くのが良いのではないでしょうか?実際に東北道でここを経由して甲子温泉に行くとしてもプラス2時間(入浴30分として)くらいです。

湯野上温泉の宿をじゃらんでチェック   icon
湯野上温泉の宿を楽天トラベルでチェック icon
湯野上温泉の宿をヤフートラベルでチェック

甲子温泉 大黒屋のホームページをチェック
甲子温泉 大黒屋を秘湯を守る会でチェック

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です