あわあわ!しゅわしゅわ!凄い泡付き!七里田温泉 共同浴場 下湯(ラムネの湯)【大分県の温泉】

スポンサーリンク

IMG_5995

スポンサーリンク

七里田温泉 共同浴場 下湯(ラムネの湯)

大分県と言えば温泉王国とも言われる本当に温泉が多い県だ。その大分県にある七里田温泉 下湯(ラムネの湯)は、物凄く濃い炭酸泉として温泉ファンに有名な温泉だ。
IMG_5992
IMG_5993
テレビや雑誌で紹介されて以来、全国からこの温泉に入ろうとおしかけてきているようだ。そのため入浴時間が1時間に制限されたようだ。
IMG_5999
元々は地元の方専用の温泉であったが、一般開放されるようになったそうだ。温泉ファンとしては嬉しい事だが、地元の方がその分入りにくくなったのではないだろうか?感謝して入りたい温泉だ。
上記の写真に書いてある通り、ここに入るためにはここから少し離れた「七里田温泉館」でチケットを購入する必要性がある。
IMG_6004
距離にして、150mくらいだろうか、七里田温泉館でチケットを購入し下湯に入りたい事を告げると鍵を貸してもらえるので、鍵を持って下湯に向かう事になる。

男女別の内湯 炭酸泉では日本一?レトロ感が最高!

七里田温泉 下湯(下ん湯 したんゆ と呼ばれる事もある)別名、ラムネの湯は、男女別の内湯のみとなっている。
IMG_5995
地元の方が2人、先に入浴されていた。記念に写真を撮りたい事を告げると快諾していただけた。
入ってみるとこの泉質に驚く。まるでラムネ・サイダー、炭酸水の中に入っているようなのだ。体中に泡がつく、あわあわ・しゅわしゅわ、本当に気持ちが良い温泉だ!
こんなに泡付きが良い温泉は滅多にない。おそらく泡付きだけであれば日本一では無いだろうか?
遊離二酸化炭素の含有量では、青森県のみちのく温泉が1位ではあるが、泡付きという事であれば、これほど泡付きの良い温泉はそうそう無い。

また、良い意味でレトロ感あふれる湯船となっている。お世辞にも綺麗な温泉とは言えないし、シャワーも無い。でも、だからこそ味わえる素晴らしい温泉ではないだろうか?
大分県と言えば、由布院や別府が有名ではあるが、ここ七里田温泉にも是非とも訪れて欲しいと思う。おすすめの温泉だ。

また、泉温も36~37度ほどで長湯が出来るが冬場は少しつらいかもしれない。炭酸ガスが下にたまって酸素不足になる場合もあるらしく、換気扇が常に回っている。少しだけ注意して入浴して欲しい。それだけ炭酸が多い良い温泉という訳だ。

  • 施設名 七里田温泉 共同浴場 下湯(ラムネの湯)
  • 住所 〒878-0202 大分県竹田市久住町有氏4050-1
  • 電話番号 0974-77-2686(七里田温泉館 木乃葉の湯)
  • お風呂 男女別内湯
  • 訪問日時 2010年6月10日
  • 日帰り入浴 300円(当時)
  • 入浴時間 9:00~21:00
  • ph6.3
  • お湯の色 無色
  • 泉質 カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉


公式サイト

七里田温泉にも温泉宿はありますが、このあたりは本当に温泉が豊富なので九重付近で泊まる事を考えた方が旅を楽しめると思います。本当にいろんな個性的な温泉がありますよ!
じゃらんで九重の温泉をチェックするicon

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です