小さいながらも滝が注ぎ込む温泉!久美浜温泉 湯元館【京都府の温泉】

スポンサーリンク

kumihama006

久美浜温泉 湯元館

久美浜温泉 湯元館は日本海側に位置する温泉だ。ただし、この宿からは海は見えない。この温泉を知ったのは雑誌「自遊人」の温泉パスポートであった。雑誌に無料で日帰り入浴出来るクーポンがついたもので全国100箇所近くの温泉に入れるものだ。今回はそれを利用して入浴させてもらった。

kumihama013

kumihama015

kumihama012

少し古いイメージのする建物であるが、温泉宿ならこれくらいがちょうど良い。あまりにも新しいものは嬉しいが少し緊張する。いや、自分が小心者だけかもしれない(笑)

受付で「自遊人」のパスポートを見せて入浴をさせて頂いた。

kumihama011

kumihama010

ここは男女別の内湯とそれに続く露天風呂となっている。早速浴場へと入った。

内湯と小さいながらも滝がそそぐ露天風呂

まずは内湯へ

kumihama009

kumihama005

特に特徴のある内湯では無いが、窓ガラスが大きいため開放感はある。上の写真の下のものは、露天風呂から撮影したものだ。源泉掛け流しのため、内湯が塩素臭がするという事は無かった。こういうのは嬉しい。

身体を洗って、さっそく内湯へと向かった。

kumihama006

kumihama004

露天風呂は細長くなっている。

kumihama001

途中で木の壁の仕切りがあるが恐らく隣は女湯であろう。打たせ湯がついていた。

kumihama002

反対側の先にはもう1つ湯船があった。

kumihama003

kumihama008

ジェット風呂という事であるが、正直温泉にジャグジーはいらないと思う。でも、あれば入ってしまうのだが(笑)

ここの温泉の面白いのは、小さいながらも滝が温泉に注ぎ込んでいる事だ。

IMGP1838

これが源泉なのだろうか?これだけだと湯量が足りなくなるので、他からも給湯はしているはずだ。

kumihama007

源泉掛け流しの温泉は湯の温度の調整が難しい。特に源泉そのものの温度が変化するため、やむを得ない。でも出来る限り、宿の方は調整してくれようとしているはずだ。この時は本当に適温であった。

平日だった事もあり、小一時間ほど貸し切り状態で入浴が出来た。のんびりと良い温泉であった。宿泊なら日本海の海の幸がきっと美味しいであろう。

基本情報

  • 施設名 久美浜温泉 湯元館
  • 住所 〒629-3432 京都府京丹後市久美浜町平田1106-4
  • 電話番号 0772-83-1071
  • お風呂 男女別内湯 男女別露天風呂
  • 訪問日時 2007年5月29日
  • 日帰り入浴 600円(8:00~21:00)
  • ph8.07 と ph7.97の混合泉
  • お湯の色 無色
  • 泉質 カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉 及び ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

久美浜温泉 湯元館のホームページをチェックする

ここは宿泊予約サイトでも予約が出来ます。
じゃらんで久美浜温泉 湯元館を予約する  icon
楽天トラベルで久美浜温泉 湯元館を予約するicon

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です