湯巡りが楽しい!花巻温泉郷 大沢温泉【岩手県の温泉】

スポンサーリンク

花巻 大沢温泉

岩手県の花巻温泉郷は交通の便が比較的良い割には混雑しない、落ち着いた温泉郷だと思います。その花巻温泉郷の中に昔ながらの自炊部の宿と、懐かしい風情の宿、落ち着けるちょっと豪華な宿という3つの宿泊所がある温泉が今回紹介する大沢温泉です。

スポンサーリンク




「大沢温泉 自炊部」と「大沢温泉 山水閣」「大沢温泉 菊水館」

大沢温泉にはタイプによって選べる3つの宿に分かれています。同じ経営者ですが別々の建物となっており、自分にあったところを予約すれば良いというのは面白い仕組みだと思いました。似たような温泉としては四万温泉 積善館もそうですね。

レトロ感あふれる温泉!四万温泉 積善館本館【群馬県の温泉】建物編

大沢温泉 自炊部

花巻 大沢温泉

山水閣の横を下に降りていくとあるのが自炊部です。

花巻 大沢温泉

こういうレトロな感じが好きな人にはたまらなく魅力的な温泉宿でしょう。

名前の通り、自炊をメインにする宿ですが食事付きプランもありますし、食事処もあるので、そこで注文して食べる事も可能です。

花巻 大沢温泉

花巻 大沢温泉

そして面白いのが完全素泊まりまであるところ。どういう意味?と思うかもしれませんが布団なし・枕無しというのも選べる訳です。自分で布団を持ち込む事もOKです。

完全素泊まりにして布団を借りたり枕を借りたりする事で完全な素泊まりの料金にプラスしていくという方法が選べる訳です。自分で寝袋を持っていって枕も持っていけばかなり安く済ませられる事になります。

ご飯だけ買っておかずは自分で用意するなんて事も出来ます。

花巻 大沢温泉

昔ながらの宿のため部屋は障子一枚のみで区切られているところもあります。

プライバシーが心配だとちょっと泊まれないかもしれません。

日帰り入浴はここ自炊部で受付をして入る事になります。

大沢温泉 山水閣

大沢温泉の中でもっとも近代的でちょっと高級感が感じられる宿です。

花巻 大沢温泉

日帰り入浴でもここの豊沢の湯には入る事が出来ます。

大沢温泉 菊水館

菊水館は自炊部と山水閣の中間に位置する宿です。入り口からは見る事が出来ません。

花巻 大沢温泉

こんな橋を渡っていきます。

花巻 大沢温泉

懐かしい感じのする茅葺屋根の日本の風情を味わえる宿となっています。

お風呂いろいろ楽しい湯巡り

大沢温泉には3つの宿にそれぞれ温泉があり、合計で7つのお風呂があります。全部入りたいのなら山水閣に泊まらないといけませんが、日帰り入浴でも男性なら4箇所、女性なら5箇所に入る事が出来ます。

山水閣にある「山水の湯」と「貸切家族風呂」には日帰り入浴では入れません。また女性専用の露天風呂であり自炊部にある「かわべの湯」には男性は入る事が出来ません。

日帰り入浴で利用したので4箇所の温泉に入りました。

自炊部 大沢の湯

ここ大沢温泉で一番有名なのが自炊部にある大沢の湯でしょう。

花巻 大沢温泉

写真のように川辺りにある露天風呂で混浴です。

花巻 大沢温泉

こんな階段を降りていきます。

花巻 大沢温泉

菊水館に行く橋がよく見えます。という事は橋から丸見えという事です。2つ上の写真が橋から撮影したものですから。

花巻 大沢温泉

花巻 大沢温泉

自然に囲まれて落ち着ける温泉です。

花巻 大沢温泉

女性は女性専用の脱衣所がありますがタオル巻き禁止のため女性は非常に入りにくいでしょう。しかし宿泊であれば女性専用時間があるので、女性も入る事が出来ますよ。

花巻 大沢温泉

男なら普通に温泉の目の前にある脱衣所で脱いで入っちゃうでしょうけど。

花巻 大沢温泉

花巻 大沢温泉

そして反対側にも橋があり良く見えるという事は、橋からもまた丸見えって事ですね。どんだけ丸見えなんだよ・・・と思う露天風呂です。

それだけ開放感ある温泉と言えますが。

花巻 大沢温泉

花巻 大沢温泉

2つの橋に挟まれていますね・・・・。

花巻 大沢温泉

女性には女性専用露天風呂「かわべの湯」もあり大沢温泉のサイトで見る限りだと景観もよく良さそうな露天風呂でした。

自炊部 男女別内湯 薬師の湯

自炊部には男女別の内湯もあり「薬師の湯」と言われています。

花巻 大沢温泉

花巻 大沢温泉

花巻 大沢温泉

2つの湯船がありました。ここでのんびりとしているのも良いですね。

菊水館 南部の湯

菊水館にも男女別の半露天風呂風の内湯があります。

花巻 大沢温泉

花巻 大沢温泉

僕がここに人が本当に来なくて貸切状態でずっと入れて一番長湯したところです。

ここからも大沢の湯は丸見えです(笑)

山水閣 豊沢の湯

山水閣にあって日帰り入浴でも入れる唯一のお風呂です。

花巻 大沢温泉

半露天風呂風の内湯になっており、寒い時期はガラスが入って完全な内湯になりますが、暖かい時期はガラスがなく露天風呂気分を味わう事が出来ます。

花巻 大沢温泉

花巻 大沢温泉

川の流れを見ながらゆっくり入る事も出来ますよ。

泉質はアルカリ性

花巻 大沢温泉

泉質はph9.2のアルカリ性の温泉です。トロっとした感触がありました。

割りと高めのアルカリ性なので身体を洗わなくても長湯すればすべすべの肌になるのが嬉しい泉質。

大沢温泉の感想・知り合いの口コミ

季節外れの平日(9月下旬)に行った時は混雑する事もなくのんびりと入る事が出来ました。静かに過ごせる温泉宿だな~っていうのが印象です。

ただし、混みあう季節(紅葉の時期)の休日に行った知人の話だと混みすぎていてゆっくり出来なかったという話も。団体がちょうど来ていたのかもしれませんが。

人気の温泉宿なのでしょうがないかな。また自炊部は学生の合宿でも使われるため、それに重なると少々うるさい時もあるとか。

季節外れの平日なら学生に合う事もなく混みあう事もないようなので、行くのならそういう時かもしれませんね。

もしくは自炊部ではなく山水閣に泊まってのんびりとするか。

大沢温泉の基本情報

  • 施設名 花巻温泉郷 大沢温泉(自炊部・菊水館・山水閣)
  • 住所 〒025-0244 岩手県花巻市湯口字大沢181
  • 電話番号 0198-25-2021(自炊部)0198-25-2233(菊水館)0198-25-2315(山水閣)
  • 日帰り入浴料金 600円 7:00~20:00
  • お風呂 男女別内湯 混浴露天風呂
  • 訪問日時 2006年9月28日
  • 駐車場 あり(無料)
  • ph9.2
  • お湯の色 無色
  • 泉質 アルカリ性単純温泉

公式サイト

下記宿泊サイトからも予約可能です。

iconicon iconicon

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. […] 参考 湯巡りが楽しい!花巻温泉郷 大沢温泉【岩手県の温泉】 上記参考記事のサイトの記事の転載は禁止です。 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です