登山者に人気の露天風呂 白馬八方温泉 おびなたの湯(おまけ付き)

スポンサーリンク

img_5

白馬八方温泉 おびなたの湯

登山に人気の山の1つである白馬岳。日本百名山にもなっており、シーズン中は物凄い数の方が登られます。8月までは山小屋は満室。しかし9月に入った途端、山小屋はガラガラに。その白馬岳の山小屋には当然お風呂は無く、お風呂に入れません。白馬岳を登る人は猿倉荘という山小屋付近の駐車場 に車を停めて登る事が多く、管理人もそこから登りました。、そこから一番近い温泉がここ、おびなたの湯になります。そのため、山小屋に泊まってお風呂に入れなかった人が下山後に 真っ先に入る温泉かもしれません。

管理人自身も3泊4日の白馬の山々の登山で途中温泉には入ったものの髪をあらえず。いくら3000m近い山と言え、汗はかきます。汗をかいてお風呂に入れないってかなりきついですよ。物凄い痒い髪に一刻も早く頭を洗いたくて飛び入った温泉が、ここ白馬八方温泉 おびなたの湯でした。お風呂は露天風呂のみで男女別となっています。湯質はアルカリ性で、源泉掛け流し。

img_4

自動販売機でチケット購入

img_0

img_2

img_1

こんなところまで、自動化の波が(笑)自動販売機でチケットを購入して入ります。確かに平日はあまり人が来ないかもしれませんし、それほど人件費はかけれないと思いますので、こういう自動化は有効ですね。

温泉は最高の湯質です

img_3

白馬八方温泉はアルカリ性の良質な温泉です。もちろんここは源泉掛け流し。湯質は最高です。痒い頭を洗うためか、露天風呂しか無い日帰り入浴施設ですが、きちんとシャンプーやボディソープが設置されていました。これは助かります。

虻が多いためか温泉全体をネットで覆っています。少し風情が損なわれますが、それはしょうがないかな。虻は刺すというよりは噛むという感じで、かなり痛いですよ。頭や身体を洗い、湯船へ。ふ~、最高です。これだけ温泉に入って身体や髪を洗う事に幸せを感じた事はありませんでした。そして、登山で疲れた身体を高アルカリ性の温泉が身体を芯から癒してくれます。

基本情報

  • 施設名 白馬八方温泉 おびなたの湯
  • 住所 〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村北城9346-1
  • 電話番号 0261-72-3745
  • 日帰り入浴 600円 (詳しくは公式サイトで確認を)
  • お風呂 男女別露天風呂
  • 訪問日時 2010年9月4日
  • ph11.5
  • お湯の色 無色透明
  • 泉質 アルカリ性単純泉

白馬八方温泉の宿をじゃらんでチェック   
icon
白馬八方温泉の宿を楽天トラベルでチェック 
icon
白馬八方温泉の宿をヤフートラベルでチェック

おまけ 野湯の 「おびなたの湯」 情報

検索で野湯のおびなたの湯だと思ってきてくれた方へ

簡単ですが、野湯のおびなたの湯について書いておきます。
公衆浴場のおびなたの湯から再び奥に歩いていく事10分くらい。途中、川を超えて行きます。

IMG_9935

2010年当時はこのゲートが目印でした。

IMG_9941

歩くこと7分くらい、コンクリートの建物が見えてきます。割りと歩くのが早い方なので、人によっては10分くらいかも。

IMG_9943

反対側を見ると、かすかに人が通った後が。少し入って下の方を見てみます。

IMG_9936

ありました!

IMG_9937

ビニールシートで囲われて入浴出来るようになっています。
手をつけてみます。

熱い!!!!45度くらいはありそうな感じです。

片足を少し怪我していたので、もう片足だけで足湯だけしてきました。

行かれる方は自己責任でどうぞ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です