どこで着替えれば良いのでしょうか?これは入りにくい混浴露天風呂!長湯温泉 ガニ湯【大分県の温泉】

スポンサーリンク

IMG_6019

長湯温泉 ガニ湯

大分県竹田市にある長湯温泉 ガニ湯は、温泉ファンには人気の温泉となっているが、ある意味非常に入りにくい温泉となっている。

近くの駐車場に車を泊め、ガニ湯温泉を目指した。

IMG_6010

案内板は適所にあるので迷う事は無い。

IMG_6011

IMG_6013

道の下が通路となっており、この下をくぐるとガニ湯にたどり着く。

この橋の下に下記のような看板があった。

IMG_6014

花王さん自らがバブの7倍のガス濃度というからには期待が出来る。

そして、この橋をくぐるとガニ湯が現れる

丸見えの何も周りに無い混浴露天風呂 ガニ湯

そして、トンネルをくぐって現れたのがこちら。

IMG_6027

そこにあるのは湯船のみ。それ以外は何も無い。上を通る道からは丸見えだ。

熊本県の満願寺温泉 川湯も入りにくかったがそれ以上に恥ずかしい作りだ。屋根も無ければ脱いだ衣服を置く場所も無いのだから。

これほど開放的というか入るのにためらう温泉はあまり無い。それでも入ったのだが(笑)

IMG_6019

入ってみると温めの温泉は非常に気持ちが良い泉質だ。

IMG_6023

幸い人の通りはほとんど無かったため、特に恥ずかしい気持ちにはならなかったが、2人ほど上の道から声をかけられた。

女性だと本当に入りづらいだろう。でも、特に注意書きが無かったのでタオル巻きや水着でも良いのかもしれない。

IMG_6034

ガニ湯には、上記のような「ガニ湯伝説」があるそうだ。

なお、カニではなくガニと言っているのは、乳頭温泉郷の蟹場温泉と同じだと思った。

泉質もかなり良い温泉だ。

IMG_6028

ここはさすがに入りにくい温泉だと思うので、近くにある公衆浴場を利用するのが良いと思うが、せっかくここまで来たのなら入ってもらいたいものだ。

また、地元の方が週2回掃除をしてくれているそうだ。そして無料開放してくれている。本当にありがたく感謝したい事だ。

基本情報

  • 施設名 長湯温泉 ガニ湯
  • 住所 〒878-0402 大分県竹田市 直入町長湯
  • 電話番号 なし
  • お風呂 混浴露天風呂
  • 訪問日時 2010年6月10日
  • 日帰り入浴 無料
  • 入浴時間 24時間
  • ph 不明(ただし長湯温泉は6.5~7.5の間となっています)
  • お湯の色 褐色
  • 泉質 マグネシウム・ナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩泉

日帰り専用のため宿泊施設はありません。近隣には宿泊施設は豊富にありますよ!
じゃらんで長湯温泉をチェックする   icon
楽天トラベルで長湯温泉をチェックする icon
ヤフートラベルで長湯温泉をチェックする

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. ボスコ より:

    去年の旅行で長湯温泉へ行った際に、ラムネ温泉の帰り道に見つけ入いりました!
    主人は最後まで嫌がって入らなかったので私一人で・・・。そして水着もタオルも巻かず、です〜。
    恥ずかしさはなかったかな、夜8時頃だったので(笑)

    • 温泉こあら より:

      ボスコさん
      コメントありがとうございます。
      凄いですね!でも混浴っていざとなると女性の方が入るのかも・・って最近思うようになっています。
      夜なら静かな街だと思うので入りやすいかもしれませんね。
      また遊びにきてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です