開放的な西の横綱の混浴露天風呂!湯原温泉 砂湯【岡山県の温泉】

スポンサーリンク

湯原温泉 砂湯

湯原温泉 砂湯

湯原温泉は、西の横綱と言われる温泉だ。

sunayu008

湯原ダムの目の前にあるか開放的な無料の混浴露天風呂で全国の温泉ファンに愛されている温泉と言える。無料で停められる駐車場は少し離れていて湯原温泉街をゆっくり歩きながら10分弱で到着する。

sunayu001

sunayu003

手前の橋から撮影した風景。中央右側が砂湯で奥に見えるのが湯原ダムだ。

sunayu015

少しアップにしてみる。中央左側に東屋があるのが解るだろう。そこが湯船だ。

sunayu002

「名湯 砂湯」の記念碑、この先100Mほどで砂湯に到着だ。

sunayu012

ここまで来ると既に温泉が見えてくる。

混浴の開放感あふれる露天風呂

sunayu010

温泉を遮るものは何もない道や橋からも丸見えの露天風呂。本当に開放的ではあるが、女性には入りにくい温泉かもしれない。ただし、タオル巻きでの入浴はOKだ。水着での入浴は禁止されている。

sunayu019

脱衣所は男女別に用意されている。ドアも何も無いように見えるが横にカーテンがついている脱衣所があるので、女性でも着替えやすいだろう。

sunayu013

橋の上から見た風景。本当に丸見えなのがよく解る。

かけ湯をして湯船に入った。

子宝の湯

砂湯には3つの湯船がある。最初に入ったのが「子宝の湯」だ。

sunayu021

生憎の天気であったが、ダムを見ながら入る開放感あふれる温泉は最高だ!

ダムを見ながら入るのならここが一番眺めが良い。

長寿の湯

sunayu006

唯一屋根があるのが長寿の湯だ。

この日は雨が降っていたため、ここが一番人気であった。

美人の湯

sunayu020

一番広い湯船が、美人の湯だ。

山を見ながら入るのには一番良いと言える。

sunayu018

入り口もよく見える。

美人の湯を出て前を見ている

sunayu009

旅館や橋がよく見えるという事は逆に向こうからも良く見えるという事だ(笑)

開放的過ぎる温泉だ。

sunayu016

着替えて一番先に立ってダムを撮影してみた。紅葉の季節ならさらに綺麗であろう。

スポンサーリンク




面白い看板たち

砂湯に行ったらいろんな看板を見て欲しい。割りと面白いのだ。
sunayu011
sunayu014
なんか、この絵がツボにはまった。
sunayu007

注意事項

ここはたまに不埒な輩が出るという事を温泉仲間から聞く。

女性の後をずっとつける輩、入浴中の女性をナンパしたり、ずっと凝視をする輩、そういう輩が出るそうなので女性だけで行く場合は注意をした方が良いだろう。

また、温泉に入っている間に置き引きをする輩も出る時があるという。貴重品は持っていかないか入浴中も近くに置いておくのが良いだろう。

せっかく素晴らしい温泉に行って嫌な思いをしないように気をつけて欲しい。

基本情報

  • 施設名 湯原温泉 砂湯
  • 住所 〒717-0402 岡山県真庭市湯原温泉
  • 電話番号 0867-62-2526(湯原観光情報センター)
  • お風呂 混浴露天風呂
  • 訪問日時 2010年7月3日 他 複数回
  • 日帰り入浴 無料
  • 日帰り入浴時間 基本的に24時間
  • 定休日 毎週水曜日 午前毎月第一金曜日 10:00~16:00 12月27 9:00~14:00
  • ph8.1
  • お湯の色 無色
  • 泉質 低張性アルカリ高温泉

湯原温泉には素晴らし宿が沢山あります。日中だけでなく夜に入るのも神秘的で素晴らしいです!是非、近くに泊まって外湯気分で砂湯を楽しんで下さい。
じゃらんで湯原温泉をチェックする   icon
楽天トラベルで湯原温泉をチェックする icon
ヤフートラベルで湯原温泉をチェックする

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. […] 参考 開放的な西の横綱の混浴露天風呂!湯原温泉 砂湯【岡山県の温泉】 上記参考記事のサイトの記事の転載は禁止です。 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です