蔵王と言えばやはりここ!蔵王温泉 大露天風呂【山形県の温泉】

スポンサーリンク

蔵王と言えば冬の樹氷が人気の観光スポットですが、温泉街としても人気のスポットです。その蔵王の温泉として象徴的に人気なのが「蔵王温泉 大露天風呂」だと言えます。ただし例年11月中旬くらいに閉鎖され冬季は入れない露天風呂になっています。

貸切状態で入らせてもらった大露天風呂

蔵王温泉 大露天風呂

僕がここに行ったのは2006年11月27日、例年であれば閉鎖されている時です。行っても入れないことは解っていましたが外観だけでも見てみようかな~という気持ちで訪ねてみました。すると温泉の前に1台の軽トラックが停まっていました。

僕が写真を撮っていると軽トラックの運転手の方が「入りたいのか?」と聞いてきたので「入りたいですけどね~」と答えると「入っていいぞ!」と言ってくれました。

え?こんなチャンスは滅多に無い!ということで入らせてもらいました。

この軽トラックの運転手の方は蔵王温泉 大露天風呂の冬囲いに来られた方ということでした。

蔵王温泉 大露天風呂

蔵王温泉 大露天風呂

蔵王温泉 大露天風呂

蔵王温泉 大露天風呂

大露天風呂へ

大露天風呂は男女別の露天風呂のみの日帰り入浴施設です。入り口から入ると道に沿って男湯があり丸見えです。

蔵王温泉 大露天風呂

女湯は男湯の奥にあり全く通路からは見えなくなっています。

脱衣所は既にほぼ閉鎖されていてカゴも何も無い状態でしたが入っているのは僕1人、まさに究極の貸切状態!この温泉を貸切状態で入れるなんてことは滅多に無いだけに非常に貴重な体験をさせてもらいました。

蔵王温泉 大露天風呂

ここは強酸性の硫黄が物凄く香る温泉です。

蔵王温泉 大露天風呂

蔵王温泉 大露天風呂

滑りやすい上に更に雨で滑りやすくなっているので気をつけて露天風呂に向かいました。

誰もいない広い露天風呂で貸切入浴!物凄く贅沢な気分です。お湯は雨の影響か比較的温めでゆっくりと入れる温度。は~極楽、極楽

蔵王温泉 大露天風呂

写真の通り湯船は2段になっており上の段がやや熱め、下の段の湯船はそれよりもぬるくなっています。温泉の中には湯の華が待っていました。強酸性なので藻が生えたりすることも無いと思いますし、閉鎖されてから4日ほど経過していましたが綺麗な湯船でした。それだけお湯の量も多いのでしょうね。

貴重な体験をさせてもらいました。恐らくこういう入浴は滅多に出来るものでも無いし、いつ冬支度に来るのかも解らないので偶然が重ならないと無理な入浴だったと思います。

蔵王温泉 大露天風呂 基本情報

  • 施設名 蔵王温泉 大露天風呂
  • 住所 〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉
  • 電話番号 023-694-9417(蔵王温泉観光)
  • 日帰り入浴 470円
  • 入浴時間 6:00~19:00(変更あり)
  • 閉鎖期間 例年11月中旬から翌年4月中旬まで閉鎖
  • お風呂 男女別露天風呂
  • 訪問日時 2006年11月27日
  • ph 1.4
  • お湯の色 白濁
  • 泉質 含硫化水素-強酸性明礬・緑礬泉

蔵王温泉には様々な温泉付きの宿泊施設があります。
蔵王温泉をじゃらんでチェック  
蔵王温泉を楽天トラベルでチェック

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です