冬季限定の川の混浴露天風呂に入る!川湯温泉 仙人風呂【和歌山県の温泉】

スポンサーリンク

IMG_1051

川湯温泉 仙人風呂

川湯温泉 仙人風呂は和歌山県田辺市にある冬季限定の温泉だ。川を堰き止め、川底から湧き出る温泉と川の水を混ぜあわせて40度前後の入りやすい温度に調整をしている。という事になっているが、一部源泉を川底以外からも注いでいる。

それでも天然の温泉として有名な温泉となっている。温泉ファンなら1度は訪れたい温泉だ。

川湯温泉 仙人風呂

IMG_1043

IMG_1132

公式サイトでは無料となっているが、是非とも募金はして欲しい。街の人あっての温泉となっており、管理もして下さっているのだから募金をするか宿に泊まるかして少しでも協力したいところだ。

スポンサーリンク



style=”display:inline-block”
data-ad-client=”ca-pub-5930298462473457″
data-ad-slot=”7991526323″>

混浴の自然を楽しめる温泉に入る

ここは混浴の温泉になっている。しかし、女性にも入りやすいようにバスタオル巻きや水着での入浴もOKとなっているので、女性でも入りやすい温泉だ。

きちんと女性用の更衣室もある。

IMG_1151

当時は男性用は無かったと記憶しているが今はあるそうだ。

IMG_1135

朝、鍵が開いて間もない時間に行った。誰もいない陽のある時間に撮影したかったからだ。静けさの中、湯船にはいった。朝は湯の温度が低く入ってしまうと中々出られないのが難点だ(笑)

でも、のんびりと入浴する事が出来た。ただやはり夜入る方が情緒があると言える。

IMG_1051

夜入った時は月見露天風呂となった。情緒があって物凄く良い雰囲気だ。お湯の温度も絶妙でこの時は1時間以上入っていただろうか。時間を忘れて朝まで入ってしまいたかった。

街並みにも夜と朝では違う。

IMG_1146

IMG_1055

角度こそ違うが、雰囲気は伝わるかと思う。

しかし、朝は朝でその良さがある。

IMG_1141

山を見ながら、朝の清々しい空気を吸って入るのも良いものだ。

この仙人温泉は毎年冬場に作られるが、毎年期間が多少異なる。11月から行う時もあれば12月に入ってから行う事もあるため、確認して行った方が良い。

2014年は、12月1日から2015年3月中旬までを予定しているそうだ。ただし、気象状況によって変更される場合もあるので、ご注意願いたい。

川湯温泉には温泉宿も豊富にあるが、公衆浴場もあり安く入る事が出来る。仙人風呂では身体を洗う事が出来ないため、身体を洗いたければ宿の日帰り入浴を利用するか、共同浴場を利用するのが良いだろう。

また、入りに行きたい温泉だ。

基本情報

  • 施設名 川湯温泉 仙人風呂
  • 住所 〒647-1717 和歌山県田辺市本宮町川湯
  • 電話番号 0735-42-0735(熊野本宮観光協会)
  • お風呂 混浴露天風呂
  • 訪問日時 2010年12月23日
  • 日帰り入浴 無料(ただし募金制度あり)
  • 日帰り入浴時間 6:30~22:00(22時施錠)
  • ph 平均的な数値では6.6前後
  • お湯の色 無色
  • 泉質 単純泉(ナトリウム・炭酸水素塩・塩化物泉)
  • 一部サイトで駐車場は無いとなっていますが駐車場は近くにあります

川湯温泉 仙人風呂 観光協会のサイトをチェックする

川湯温泉にはいろいろな宿があります。
川湯温泉をじゃらんでチェックする   icon
川湯温泉を楽天トラベルでチェックする icon
川湯温泉をヤフートラベルでチェックする

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です