トロッコ電車と徒歩で行く本当の天然温泉! 祖母谷地獄 河原の露天風呂【富山の温泉】

スポンサーリンク

babadani-jigoku004

祖母谷地獄 河原の露天風呂

祖母谷地獄は、黒部峡谷トロッコ電車の終点、欅平駅からゆっくり歩いて1時間ほどにある野湯だ。流れる川の底から天然の温泉が湧き出している。源泉は90度以上のため川の水と混ぜあわせて入らないと大火傷となる少し危険な温泉だ。

babadani-jigoku001

祖母谷温泉に行く鉄橋、祖母谷温泉とは逆の方向に進む。

babadani-jigoku016

babadani-jigoku015

少し歩いて行くと、川が流れているのが解る。硫黄の匂いがたまらない。

babadani-jigoku002

あちこちから湯気が立ち上る。ここから祖母谷温泉は引湯をしている。

babadani-jigoku014

硫黄成分もそれなりにあるのだろう、一部川の底が黒く変色している。

babadani-jigoku013

babadani-jigoku012

祖母谷地獄

こういうところには熱くて当然入れない。

もう少し川沿いの黒く無いところを探す。

babadani-jigoku010

見つけた!先人が作った湯船だ。ここに入らせていただく事にする。

少し手をつけてどれぐらいの温度か確認をしてみる。

これは、絶好の温度だ!約38度くらいだろうか。時折もっとぬるいところと熱いところがあるが混ぜながら入ればちょうど良いだろう。

いざ入浴!

誰もいない。一応水着も持ってきていたが、裸で入った。

babadani-jigoku006

babadani-jigoku007

babadani-jigoku008

気持ちが良い!ただし油断をしていると時折熱湯攻撃を浴びる。油断は出来ない。それがまた面白い。

川と同じ目線、そして遠くを見ると、たまに雲の間からアルプスが見える。これは絶景だ。

誰にも邪魔されず、のんびりとはいかないが最高の温泉を漫喫出来た。

ここは完全な野湯だ。行く場合は自己責任で行ってもらいたい。もっとも祖母谷温泉までの道のりが自己責任の区間ではあるが。

祖母谷地獄までの道のり

ここ祖母谷地獄までの道のりは下記のレポートを見て欲しい。

基本情報

  • 施設名 祖母谷地獄 河原の露天風呂
  • 住所 〒938-0282 富山県富山県黒部市宇奈月町祖母谷(この辺りは住所があってないようなもの)
  • 電話番号 なし
  • お風呂 野湯 お好みでお作り下さい。
  • 訪問日時 2006年10月23日
  • 日帰り入浴 無料 時間はお好きに、トロッコ電車で帰れる範囲がおすすめ
  • ph8.0前後(予想・祖母谷温泉の源泉のため)
  • お湯の色 無色透明
  • 泉質 単純硫黄泉(予想・祖母谷温泉の源泉のため)

なお、冬季閉鎖はよほど雪山になれていない限りおすすめしません。またトロッコ電車は止まっていますので、完全に徒歩でしかいけません。1日では辿り着かないと思います。

トロッコ電車での欅平散策を楽しむのなら、出来るだけ早いトロッコ電車に乗って時間に余裕を持つ事をおすすめします。その場合、前泊は宇奈月温泉がおすすめです。
宇奈月温泉をじゃらんでチェックする   icon
宇奈月温泉を楽天トラベルでチェックする icon
宇奈月温泉をヤフートラベルでチェックする

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です