淡路島の絶景と海の幸を楽しむ!潮崎温泉 ホテルニューアワジ プラザ淡路島【兵庫県の温泉】

スポンサーリンク

awaji066

ホテルニューアワジ プラザ淡路島

兵庫県でもはずれというか島にある温泉、潮崎温泉 ホテルニューアワジ プラザ淡路島は、名前から解る通り、淡路島にある温泉。でも、温泉を楽しむというよりは淡路島の絶景と海の幸を楽しむラグジュアリーなホテルだ。

awaji031

awaji076

立地的に大鳴門橋が見える場所にあり、淡路島・四国観光のためのホテル。行った時は残念な事に曇りで綺麗な風景とはならなかったが、、それでも晴れた日なら目の前に広がる海と大鳴門橋の絶景が眺められるホテルだという事は解る。雨に降られなかっただけ良かったかな。

awaji029

awaji033

観光ホテルであり、ワンランク上の設備を持っているので、お値段はお高いホテルとなっている。

この時は奮発して良い部屋を予約しました。遠い想い出だ~(^_^;)

ワンランク上の部屋は、別に露天風呂付き!

この日泊まった部屋は、一応スイート扱いの部屋。

awaji001

リビングにルームがあって、別にベッドルームのある部屋。豪華だな~(^_^;)

awaji002

そして、この部屋とは別に、この部屋専用の露天風呂が別にあるという豪華ぶり!

awaji026

awaji024

awaji027

ロッキングチェアに座って海を眺めている事も出来る。のんびりと過ごすにはとても良い場所だ!しかし、このお風呂は沸かし湯となっており温泉となっていないのが残念であった。湯量が元々少ないのであろうか。

温泉は大鳴門橋の見える絶景露天風呂!

部屋についている風呂以外に当然、温泉もある。ただ、部屋から少し遠いのが難点だった。

awaji069

まずは服を脱いで内湯へ

awaji070

awaji052

水風呂があり、反対側に海の見える湯船があった。若干塩素臭がする。

awaji054

awaji051

そして、露天風呂へと向かう。

awaji071

awaji061

awaji058

awaji055

露天風呂は塩素臭はしない。それよりも潮の香りが心地良い!

awaji066

大鳴門橋を見ながら入れる絶景の露天風呂だ!晴れた日ならば、大鳴門橋に沈む夕陽が眺められる。やはりこういうところには晴れた日に来たいものだ。曇りだったら1割キャッシュバックなんてキャンペーンを行えば人気が出ると思うのだが。そこまでしなくてもお客さんが来るという事だろうか。

風呂を出た後、少しホテルを散策した。

awaji072

夏ならばプールも楽しめるようだ。

夕食は淡路島の海の幸!

夕食はダイニングで頂いた。

awaji017

awaji015

awaji014

天ぷら、ステーキ、白身魚の・・・何?(^_^;) でも美味しかった!!!!

awaji013

awaji012

お刺身は豪華に伊勢エビまで!鯛のしゃぶしゃぶも。

awaji011

awaji010

アワビに冷静スープも美味しかったな~。

awaji009

awaji008

食前酒で少し酔っ払って良い気分で食事が出来ました。

awaji018

面白かったのが洋食なのに、お味噌汁とご飯が茶碗だった事。妙な取り合わせはやはり温泉ホテルだから?

awaji019

デザートがフルーツのみでちょっとがっかりしたかな。でも、全体的に非常に美味しく、さすがは淡路島!と思ったよ。

朝食はバイキング形式 自分で焼く干物も

awaji043

awaji041

awaji042

awaji040

awaji036

awaji034

awaji038

朝食はバイキング形式。でも、豪華だったな~。自分で焼く干物というのは初めて。こういうのも面白いな。

和洋両方を楽しめるので、自分の好きな方メインで食べられるのが良いところだ。

まとめ

ここホテルニューアワジ プラザ淡路島は、お世辞にも温泉の湯質は良いとは言えない。しかし、それを上回る絶景と海の幸を味わえ、更に落ち着いた雰囲気を過ごすには良いホテルだと言える。秘湯は苦手だけど、綺麗で広いお風呂に入りたい!という人には最高に良い場所ではないだろうか。

また、個室露天風呂は好きな人とゆっくりと海を見ながら入るのにも良いだろう。

高くて中々泊まれないが、またいつか行きたいホテルだ。

基本情報

  • 施設名 潮崎温泉 ホテルニューアワジ プラザ淡路島
  • 住所 〒656-0542 兵庫県南あわじ市阿万吹上町1433-2
  • 電話番号 0799-55-2500
  • お風呂 男女別内湯 男女別露天風呂 (個室露天風呂・貸切露天風呂)
  • 訪問日時 2007年4月21日
  • 日帰り入浴 1500円(当時)(11:30~16:00)
  • ph 不明 アルカリ性という事になっています。
  • お湯の色 無色
  • 泉質 ナトリウム炭酸水素塩泉

ホテル公式のホームページをチェックする

下記宿泊予約サイトでも予約が可能です。
じゃらんで予約するicon
楽天トラベルで予約する icon
ヤフートラベルで予約する

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です