たまには泊まりたいワンランク上の温泉旅館 上林温泉 湯宿 せきや

スポンサーリンク

sekiya022

長野県は有名な温泉処が沢山あります。今回、長野県でも歴史ある湯田中渋温泉郷の1つ、上林温泉 湯宿 せきや さんに宿泊してきました。

湯田中渋温泉郷

湯田中渋温泉郷は、10の温泉から構成されています。

  1. 湯田中温泉
  2. 渋温泉
  3. 安代温泉
  4. 角間温泉
  5. 沓野温泉
  6. 地獄谷温泉
  7. 新湯田中温泉
  8. 星川温泉
  9. 穂波温泉
  10. 上林温泉

となっています。上林温泉は湯田中渋温泉郷の中でも割りと外れに位置しており、静かな雰囲気を醸し出している温泉街です。

湯宿 せきや

sekiya029

sekiya014

湯宿せきや さんは全8室という小さいながらも全室に源泉掛け流しの露天風呂(半露天風呂)がついた高級感あふれる温泉宿です。
こんなところ、当然管理人は普段泊まれません(笑)創業102年の歴史ある温泉宿です。

温泉仲間の大富 豪さん(仮名)のおごりで泊まった次第です(^^; しかも夫婦揃って(^^;

ちなみに、大富 豪さん(仮名)のおごりで泊まったのは今回を含めて3回目、ありがたい事ですm(__)m

sekiya030

入り口は、歴史を感じます。

sekiya031

しかし、設備は近代的、当然このドアも自動ドアです。

sekiya032

玄関に用意されているのは、人数分のスリッパのみ。都度、人数に合わせたスリッパを用意しています。

なお、チェックインの時間から宿の前には宿の方が待機しており、駐車場を適切に案内してくれます。やはり高級な宿は違いますね。

今回は温泉仲間5人で宿泊。5人が揃うまで、ロビーでくつろぎます。

sekiya001

sekiya026

ロビーからの庭の眺めもまた落ち着いた雰囲気を演出してくれています。

IMG_0887

ロビーにあったワインセラー。長野はワインやウィスキーの産地でも有名です。地元産のワインが入っていました。
こういうところで、海外の高級ワインは不要だと考えます。高級ワインを飲みたければ、ホテルのレストランにいけば良いのですから。やはり温泉宿で飲むなら地酒や地元のワインですよね。

部屋もまた凄い

5人が揃って、部屋へ案内されます。

sekiya002

まず最初に目に入ったのは、60型の液晶テレビ。3D対応です。そして暖炉

sekiya015

冬場には暖炉に灯が入るのでしょうね。

sekiya003

そして、マッサージチェア。当然、無料で使えます。腕や脚までマッサージ出来る高機能なものです。

sekiya004

ベッドルームのベッドはシモンズベッド。

sekiya007

ベッドルームから全体を眺めます。

sekiya005

そして和室。

sekiya006

ミニキッチンまでついています。

そして、

sekiya008

部屋についた檜の源泉掛け流しのお風呂。窓を全開にすれば、露天風呂気分を味わえます。

硫黄の香りと檜の香りが心地よかったです。このお風呂には2回入りました。

sekiya010

羊羹とお茶を頂きます。

そして、最初にお風呂見学です!

温泉がいろいろ楽しめる宿

ここは部屋以外にも男女別の内湯が各1、そして貸切の露天風呂が3つあります。

貸切の露天風呂は空いていればいつでも入浴OKです。全8室ですべての部屋に温泉がついているので、貸切風呂が空いていないという事も滅多にありません。

まずは、貸切の桶風呂へ

sekiya022

新緑の緑が本当に綺麗でした。そして、夜は木々がライトアップされ、また良い雰囲気になります。

sekiya034

この桶風呂は、なんとジャグジー付き!ジャグジーが心地よく旅の疲れをとってくれます。

そして、次の貸切風呂へ

sekiya023

ここも新緑が楽しめました。夜も非常に綺麗ですよ

sekiya033

そして、3つめの貸切風呂へ

sekiya024

ここは夜には入らなったので解りませんが、恐らく他のお風呂同様、夜も綺麗だと思います。

なお、貸切風呂にはシャンプーやボディソープは備えられていませんので、基本的には温泉に入るだけとなっています。

身体や髪を洗う場合は部屋のお風呂(シャワールームもついています)か男女別の内湯となります。

男女別の内湯は朝に髪の毛を洗うために入ってきました。

sekiya025

朝で混んでいるのかな?と思いましたが、ここも貸切状態で入れましたよ。

部屋についているから、皆さんわざわざ入りに来ないのかもしれませんね。

そして、宿での楽しみは温泉と食事ですよね。

夕食は非常に美味しい!

夕食は専用の個室で頂きました。

sekiya018

御品書があるのが更に高級っぽく感じるのは、管理人が庶民だからでしょう(笑)

sekiya_yoru001

まずは食前酒で乾杯

sekiya_yoru004

sekiya_yoru002

季節の盛り合わせ 一番左は和食で出るのは珍しいキッシュです。どれも美味しかったです。

sekiya_yoru003

信州牛のしゃぶしゃぶ、牛肉が苦手な妻も食べれるほど美味しいお肉でした。

sekiya_yoru006

お作りは、マグロ(恐らく畜養の本マグロ)と甘エビ、サーモンと鯉。

sekiya_yoru008

季節の煮物は、冷スープでした。これも美味しかったな~

sekiya_yoru007

鮎の塩焼き、やはり鮎は美味しいです!

sekiya_yoru011

天ぷらは、抹茶塩と柚子塩で頂きました。

sekiya_yoru012

帆立と鮪のソテー、うんうん、これも美味しい!

sekiya_yoru009

ご飯は筍の炊き込みご飯

sekiya_yoru010

お吸い物。後、香の物(お漬物)もついてきますよ。

そして、デザートはパイナップルのプリン。仲間には不評でしたが、個人的には好きな味(笑)

sekiya_yoru013

上に乗っているのはイチゴです。

ご飯はお代わりもしてしまいました(^^)

sekiya_yoru005

別注文で頼んでくれていた馬刺し。これも美味しかったな~。生肉がダメな妻も食べれましたから。

お腹いっぱいで幸せ~、

そして、妻と一緒に貸切露天風呂に入り、まったり・・・・

サロンでワンドリンクサービス

サロンでワンドリンクサービスという事で、仲間といただきに。

sekiya028

sekiya027

昼間に撮影したものですが、静かでジャズが流れ、大人の雰囲気のサロンとなっています。

sekiya019

夜は間接照明と、アルコールランプで良い雰囲気です。

sekiya020

地元産の白ワインを頂きました。甘口で美味しかったですよ。夏場はやはり白ワインが湯上がりには向いていますね。

そして、夜は部屋で温泉仲間といろいろと飲みながらお話。

平均年齢40過ぎの集団ですが、こういう時間は非常に楽しいものです。

そして、今回のお呼ばれの理由は5人の内、自分も含めて5月生まれが2人、そのお祝いで大富 豪さんが誘ってくれたという事です!おまけにケーキまで!

sekiya021

マンゴーたっぷりのケーキ、非常に美味しかったです!

朝は8時から食事にしました。

朝食もまたよし!

sekiya_asa001

朝食は夕食と同じ専用の個室で頂きます。

sekiya_asa004

sekiya_asa005

sekiya_asa007

サラダに小鉢にお漬物

sekiya_asa008

sekiya_asa011

sekiya_asa012

海苔に煮物に焼き魚

sekiya_asa002

sekiya_asa013

湯豆腐に玉子焼きと品数多く豪華です。

sekiya_asa006

sekiya_asa014

sekiya_asa009

ヨーグルトに食後の珈琲、りんごジュース。

朝も美味しく頂きました。

オーディオマニアも満足する?!

また、この宿には読書室もあります。またサロンでもジャズが流れていますが、真空管のアンプにCDプレイヤーはマランツとオーディオ好きな人も満足する高品質な音を提供してくれます。

sekiya013

sekiya012

sekiya011

実は部屋の備品も豪華

部屋の備品もいろいろと見ると豪華でした。バスロープもありましたし、何より感動したのが氷!

冷蔵庫の中に氷があるのは当然ですが、その氷が丸いのです!

sekiya016

sekiya017

食事も美味しく、温泉も最高、また行きたい温泉ですが、自費で行くとなると、難しいな(^^;

基本情報

  • 施設名 上林温泉 湯宿せきや
  • 住所 〒381-0401 長野県下高井郡山ノ内町平穏1406
  • 電話番号 0269-33-2268
  • 宿泊 人からのプレゼントなので調べていませんが2人で泊まるなら1人25000円くらいでしょうか。
  • お風呂 男女別内湯 貸切露天風呂3、各部屋に温泉付き
  • 訪問日時 2014年6月7日
  • ph6.7
  • お湯の色 無色透明
  • ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉(源泉は地獄谷温泉)
Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

上林温泉 湯宿せきやをじゃらんでチェック   
icon
上林温泉 湯宿せきやを楽天トラベルでチェック 
icon

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です