温泉ソムリエ認定セミナーに参加して、温泉ソムリエになりました。

スポンサーリンク

2015年2月11日、表参道にある「新潟館ネスパス」にて温泉ソムリエ認定セミナーに参加し、温泉ソムリエになりました!
温泉ソムリエ認定書

温泉ソムリエとは

しかし、世の中の多くの方は温泉ソムリエって何?温泉ソムリエって何なの?と思う方が多いと思いますので、簡単に説明します。

「温泉ソムリエ」とは、温泉ソムリエ協会が「温泉の知識」と「正しい入浴法」を身につけた方に認定する資格です。

ソムリエがワインの知識を持ち、テイスティングやでキャンタージュのような技術を持つことにならい、「温泉の知識」と「入浴法という技術」を身につけようというものです。

基本的に、温泉ソムリエ協会が公認した1泊2日の「温泉ソムリエ認定ツアー」やワンデーセミナーの「温泉ソムリエ認定セミナー」に参加することで認定されます。

特に試験はありません。

という事で、セミナーに参加する事で誰もが取得出来る民間の資格です。温泉ソムリエ家元の遠間和広さんは下記の通りです。

f:id:suzukidesu23:20150211230427j:plain

認定セミナー

概ね4時間弱のセミナーを受けるだけです。今回は都内での1日でのセミナーでしたが、温泉宿に泊まって1泊2日で取得出来るコースもあります。基本はテキストが配られるのでそのテキストを読み合わせて、正しい入浴方法や温泉分析表の見方等を学ぶというものでした。

セミナーそのものも非常にゆるい、緩すぎ?というくらいのものですが、話されている内容は温泉は好きだけど体系的に温泉の事を詳しく知りたい人には非常に面白い内容のものとなっています。

セミナー以外でも、通信教育で取得する事も可能です。

こんな人が受けると良い資格

この温泉ソムリエという資格ですが、下記のような方が受けると良いと思います。

温泉宿を経営されている方・働かれている方

温泉宿を経営されている方や実際に温泉宿で働かれている方に良いのでは無いでしょうか?サービスの1つとして正しい入浴方法をお知らせするという事を行えれば良いですよね。また自社のサイトに「温泉ソムリエが入浴方法を解説!」なんて書いておけば、それを見た方が安心して来てくれるようになるのではないかと思います。

医者・看護師・介護士

入浴中や入浴に関する事で年間15000人もの方が亡くなられているそうです。特に高齢者の方が危険だと言われています。正しい入浴方法を学ぶ事でケア出来る事も広がると思いますし、病気や怪我をされた方に治療のために良い温泉を正確に教える事も可能になると思います。

旅行系ライター

ライターをされている方(Webライター含む)にしても、箔付けになると言えます。普通の人が書く温泉宿の記事よりも温泉ソムリエが書く記事の方が何となく説得力が増すように感じますよね。

とにかく温泉が好きな人でもっと温泉に詳しくなりたい人

温泉が好きだ!大好きだ!という人にも良いかな。温泉が好きでも実際に温泉分析表の見方を知っている方というのは少ないと思います。温泉分析表の見方を覚える事でより温泉に詳しくなれて、温泉を楽しむ事が出来るようになると思います。

ゆるキャラや芸能人も数多く持っている

芸能人やゆるキャラも数多く取得しています。え?ゆるキャラも取れるの???と思われるかもしれませんが、可能です。でも、講習を聞いている間はずっと着ぐるみを着ていないといけないかもしれません(^_^;) 元々本名でなくても申請できるので、好きな名前で取得しても良いと思います。

費用は?いくらくらい?

認定セミナーの参加費は22000円(税別)となっていました。この費用の中には講習会・テキスト代・温泉ソムリエタオル・温泉ソムリエ認定書 が含まれています。

通信教育でも取れますよ。

また、温泉宿に泊まっての宿泊セミナーもあったりしますが、少し高くなります。

他にもステップアップ資格の温泉ソムリエ検定もあります。

温泉ソムリエ認定セミナーは第一歩に過ぎない

温泉ソムリエ認定セミナーは、はっきり言えば非常にゆるく取れる資格ですが、これは温泉を通じていろいろな事を知っていくための第一歩に過ぎません。それに温泉を楽しむだけなら必要の無い資格です。それでも、今回取得した事で僕はもっと温泉に関する知識を身につけよう!と思いました。これから温泉をより知っていくための第一歩として。

温泉が好きな方は是非とも取得されてみてはいかがでしょうか?

大都市や新潟等の温泉宿でもセミナーは行われていますが、日程的に無理という場合は通信教育でも取得出来ます。興味があれば1度通信教育の内容をご覧頂ければと思います。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です