パートナーが欲しい!婚活なら、ずばり旅で知り合うと確率アップ!婚活支援ツアーもあります!

スポンサーリンク

豊かな温泉・旅行ライフを送るのに、やはりパートナーが欲しい!と思っている方も多いかと思います。

lovepaku

それなら旅先で見つけるという手もありますよ!

温泉や旅行コミュニティ、SNSを上手く利用する

実は管理人は嫁とは温泉サークル(みたいなもの、ネット上の)のオフ会で知り合って、付き合いだして結婚しています。元々、嫁と管理人は別々の温泉サークルに入っていましたが、両方に入っていた友人に「彼女欲しい!紹介して!」と言っていました。嫁は嫁で、その友人に「彼氏欲しい!紹介して!」と言っていて、その友人がオフ会で紹介してくれる事になって、知り合いました。

しかし、オフ会(温泉宿にお泊りの)では、管理人も嫁も酔っ払って、お互いに良いところは見せていません(笑)管理人なんて、酔っ払って、ジャージ姿で寝ていたところを悪酔いした別の友人にジャージを下げられて、パンツ丸出しで寝ているところを嫁に見られているくらいですから(笑)

でも、おかしなもので旅先だと印象が当社比120%くらいで良くなるんですよね。何故、嫁がこんな管理人と結婚までしてくれたのは、未だに不思議です。

でも、よく考えてみて下さい。旅先で知り合った人って、なんか印象がよくありませんか?まあ、吊り橋効果的なものがあるのかもしれませんね。

吊り橋効果=吊り橋理論

吊り橋理論(つりばしりろん)は、カナダの心理学者、ダットンとアロンによって1974年に発表された「生理・認知説の吊り橋実験」によって実証されたとする学説。「恋の吊り橋理論」とも呼ばれる。
生理・認知説は人は生理的に興奮している事で、自分が恋愛しているという事を認識するというもの。実験のみで厳密に立証されている訳ではないが概ね正しいとされている。

実験は、18~35歳までの独身男性を集め、渓谷に架かる揺れる吊り橋と揺れない橋の2ヶ所で行われた。男性にはそれぞれ橋を渡ってもらい、橋の中央で同じ若い女性が突然アンケートを求め話しかけた。その際「結果などに関心があるなら後日電話を下さい」と電話番号を教えるという事を行った。結果、吊り橋の方の男性からはほとんど電話があったのに対し揺れない橋の方からはわずか一割くらいであったというものである。揺れる橋での緊張感を共有した事が恋愛感情に発展する場合があるという事になる。

Wikipediaより

実際に旅先ではみんな若干の興奮状態になっている事が多いですよね。なら、そのチャンスを活かせば良いと思いませんか?

今、活発に動いている温泉サークルとはあまり見かけませんが、SNS(Facebookとかmixiとか)なら、まだまだ結構ありますよ。一度SNSで探してみてはどうでしょうか?

いや、SNSは難しい!と思われる方へ

なら、最初から婚活ツアーに参加してみてはいかがでしょうか?

でも、お高いんでしょ?とテレビショッピングでお馴染みの台詞が聞こえてきそうですね(笑)

そうでも無いですよ。

普通の旅行より2~3割高い料金で参加出来ます!会員登録料とかも一切かかりません!

2~3割高いのは、婚活ツアーという事ならしょうがないと思いませんか?実際、管理人も取材で参加したいくらいですよ。

今回紹介するのは、こちらのハピネスツアー

例えば、このサイトで行われているこのツアー



憧れの“オリエント急行”&“箱根山のホテル”で婚活と縁結びの箱根神社
(2014年7月20日実施)

男性は14800円、女性は12800円です。

ちなみに、

  • 新宿から 箱根 山のホテルまでの往復高速バス代金は3980円、
  • 箱根 山のホテルのランチコースは安いもので4000円
  • オリエント急行 ティータイムは2000円
  • 概ね1万円くらいのコース内容という事が解りますね

手数料が男性5000円、女性3000円と考えれば、どうでしょうか?カップリングのコーディネーターが付く事や、最初から異性と知り合う事を前提としたツアーなので、5000円くらいの手数料って、安く感じませんか?

普通の婚活サイトなら、登録だけで最初に数万円を払う必要性がありますよ。

実際に、物凄く参加したい・・・・・いや、嫁を裏切る訳ではありません。純粋にどんなものか参加してみたいのです。

いつ行くの?今でしょ!

まさにいついくの?今でしょ!他にもいろんなコースがあるので、是非1度、除いてみて下さい。

はっきり言って、管理人の周りにもパートナーが欲しい!と言っている人は何人もいますが、決まって、やるやるとだけ言って、行動に移しません。
はっきり言います。今、移さないのなら、絶対に一生、移しませんよ。

まずは自分を変える事から行わないとこういうものは絶対に上手くいきません。

なお最後に3つほど、付け加えておきます。

1つ目

サイトを良く読むと、今回紹介しているツアーは

男女各8名以上で合計16名以上(男女同数とは限りません)
催行人数に達していても男女の人数格差が大きい場合はツアーの催行を中止する場合がございます。

となっていますね。つまり、男女数が大きくならないように手配をしてくれているという事ですね。

2つ目

それまでに読んで置きたい本

いや、嫌われてどうする?という事ではなく自分自身を変える方法が解ります。

もしくは、男性向けですが

いやいや、こういう本って役に立たないでしょ?と思うかもしれませんが、今までモテた試しがない人は自分の何が原因か解るかもしれませんよ。
嫁に読ませたら、こんな事、モテたいのなら、やって当然の事だ!と言っていました。
女性のエスコートの仕方とか、見た目はどこに力を入れないといけないのか、そういう事が解ります。

3つ目

サイトを見てもらうといろんなツアーがありますが、今回紹介したものでなくても、全然OKです。
むしろ、自分の本領が発揮出来そうなテーマのツアーがあれば、それで参加した方が当然、良いですよ!

上手く行くことを祈っています!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です