日本秘湯を守る会 スタンプ帳について 上手く使えば最もお得な宿泊方法となります!

スポンサーリンク

shofuso029

このブログでも良く出てくる「日本秘湯を守る会」加盟の宿。

そもそも、日本秘湯を守る会って、何?なんか、泊まる事でメリットあるの?と思っている人もいるかもしれませんね。

そこで、今回は日本秘湯を守る会についてと、泊まる事のメリットを紹介します。

日本秘湯を守る会

日本秘湯を守る会のサイトでは、下記のように書かれています。

日本秘湯を守る会は昭和50年4月、「秘湯」という造語を生み出した、㈱朝日旅行の前身である㈱朝日旅行会の創業者であった故岩木一二三氏の提唱により、バスも通わぬ交通の不便な小さな山の温泉宿33軒が集まり創立されました。大阪万博をきっかけとし日本中に旅行ブームが持ち上がり、温泉地や観光地の宿泊施設はホテルと名を変え、鉄筋コンクリートの大型化を競い合った、高度経済 成長の真っ盛りのなかで、旅行業界の目覚しい発展が始まった時代でした。このような時代背景のなか、「今の状況は、本来の旅の姿ではない。人間性を置き忘 れている。旅の本質を見失っている。何時の日か人間性の回復を求め、郷愁の念に駆られ山の小さな温泉宿に心の故郷を求め、本当の旅人が戻ってくる。旅らし い旅が求められる時代が来る。」、「日本の温泉のよさを保ち、環境保全に努める経営理念を相互に啓発・啓蒙する温泉旅館を集めて共同宣伝、相互誘客を図る 組織の結成を」との岩木氏の提唱は、収容力が少なく、交通も不便でいかにも効率が悪く、旅行業者も見放すほどの小さな温泉宿、近代化の波に乗れない山の宿 にとっては一筋の光明だったのです。

(省略)

日本秘湯を守る会は、地球の恵みであり、限りある地下資源である温泉に感謝することを忘れることなく、その利用と管理に充分な配慮をし、枯渇させることなく守り続けるために自然環境の保持・保全に真摯に取り組んで行く宿の集団であります。   高度経済成長時代、どこかに置き忘れてきた人間性が、いつか求められるときが来る。日本の原風景とう云うべき故郷を、自然風景を渇望する時が来ると信 じ、流行と云う上面に流されることなく、忘れてはならないもの、変えてはならないものは何かを問い、求めてきました。いろいろな思いを胸に旅に出る人々の 心根に思いをはせ、旅人を迎える宿と人がどうあるべきか、宿を取り巻く自然環境、温泉環境がどうあるべきかを問い続け、”旅人の心に添う 秘湯は人なり” は日本秘湯を守る会の永遠の理念であり、使命として認識し、多くの旅人に支持され、愛される宿の集まりでありたいと願っております。

つまりは良い温泉宿を活性化させよう!という事ですね。

でも、どうやって?

そこで行われているのが、通称「秘湯スタンプ帳」

秘湯スタンプ帳

これは、日本秘湯を守る会に加盟している宿に1泊に1つスタンプ帳に押印してもらえます。スタンプ帳は泊まった宿に言えば押印してから頂けます。このスタンプを10個貯めると、泊まった宿の中から好きな宿を選んで無料で泊まれるというものです。つまり、約10%の還元を受けられるという優れた企画です!

管理人はまだ2冊目のスタンプ帳がようやく10個貯まったところです。

1冊め

img006

img007

物凄く汚いのは、押印されている宿の1つ「法華院温泉山荘」に行った時に胸ポケットに折りたたんで入れていたら、汗がしみてボロボロになったためです(^^;

2冊目

img009

img008

実は、本当はそれぞれ2冊目と3冊目です。1冊目は9個押印されたところで、期限が過ぎてしまいました(/_;)

スタンプ帳の期限と宿泊日の規制

スタンプ帳には期限があり、最初に押印してもらった日から3年以内に10箇所押印してもらわないと無効になります。そして、最初に泊まった日から3年6ヶ月以内に使用しないといけません。

なので、管理人は今年の12月までにどこか泊まりに行く予定です。

ただし、スタンプ帳を使って泊まる場合には規制もあります。まず宿泊プランは1泊2食のみ。これは秘湯を守る会のスタンスが元々そうなので大きな問題ではありません。
次に宿泊は土曜日・休前日、特定日(盆や正月、GW等)は使えません。1人宿泊は受け付けてもらえない場合もあります。申し込みは必ず朝日旅行にスタンプ帳を送って申し込む必要性があります。希望は第3希望まで書く事になっており、宿泊希望日に希望の宿に空室が無いと泊まれません(なので、第2希望や第3希望の宿になる場合もある)。スタンプ帳は使用者本人しか使えません。

ただ、第一希望の宿に泊まる方法もあります。先に第一希望の宿に電話をして、秘湯スタンプで泊まる旨、連絡しておいて、空いている日を確認して仮押さえをしてしまうのです。そして朝日旅行にスタンプ帳を送る際に、1枚手紙を入れて、宿に確認をして仮押さえしている事を伝えます。こうする事で、希望の宿に泊まる事が出来ます。管理人はこれですべて希望の宿に泊まっています。

スポンサーリンク




秘湯スタンプ各種キャンペーン

このスタンプ帳ですが、秘湯を守る会を行っている朝日旅行さんで、いろんなキャンペーンが期間限定で実施されます。これを書いている現在(7月2日現在)は、初めて日本秘湯を守る会に泊まった人向けに、最初から1つスタンプが印刷されており泊まった宿のスタンプと合わせて2つの押印がされた事になるスタンプ帳を配るというキャンペーンが実施されています。既に持っているスタンプ帳には2つは押印してもらえません。

また、たまに1回泊まるとスタンプを2つ押してくれるスタンプ2倍キャンペーンというものもあります。

いろいろなキャンペーンがあるので、上手く使う事で、よりお得にスタンプが貯まっていきます。知り合いはスタンプ2倍キャンペーン中に5箇所に泊まって5回の宿泊だけで10個の押印を手に入れました。管理人も今まで2回、スタンプ2倍キャンペーン時に宿泊しています。

仮に5回で10個のスタンプを押してもらえれば、実質20%の還元となるわけです。これは滅茶苦茶お得ですよね。

また、裏ワザもあります。9個までは安い1万円くらいの宿に泊まり、1箇所は高級な1泊3万円とかの宿に泊まったとします。すると、使った料金は12万円ですが、3万円の宿に秘湯スタンプで泊まると、実質25%の還元になるんですよね。
これに2倍スタンプを上手く利用すれば、実質30%以上の還元にもなります。

こう考えると物凄くお得なスタンプ帳になるわけです。

その他の問題点 宿が多くは無い

最後の問題点として、日本秘湯を守る会の宿が決して多くないという事です。全国に150箇所以上ありますが、結構偏りがあるという事です。今、管理人は千葉県に住んでいますが、千葉県には1箇所しか秘湯を守る会の宿はありません。また出身地である愛知県には1つもありません。そうかと思えば、福島県の土湯峠にある温泉宿はほぼ秘湯を守る会の宿になっているなど、物凄く偏りがあるという事です。

せっかく旅行にどの方面に行くか決まっても、その方面に秘湯を守る会の宿が無い場合もあるという事です。

秘湯を守る会の宿は東北・北関東・北信越に多くありますので、やはり温泉が多い地域にほぼ比例してあると言えます。

ただ、上手く使えば、本当に一番お得に温泉宿に泊まれる方法です!是非、秘湯を守る会のスタンプ帳を上手く使って、良い温泉・旅行のライフハックを作ってみて下さいね。

参考 ”日本秘湯に入る会” と”日本秘湯を守る会”は無関係です

「秘湯に入る会」という温泉サークル?があります。この会に所属している方で有名人と言えば、テレビ番組等にも出ている山崎まゆみさんがいたりします。

秘湯を守る会 の名前をパロディにして、秘湯に入る会というサークルが出来ました。ちなみに、管理人はこの会には入っていませんが、嫁が入っていたります(笑)温泉好きの嫁で本当に良かったです(笑)
管理人は、秘湯に入る会の事をオレンジタオル と読んでいます。理由は会員の証とも言える会のオリジナルタオルがオレンジだからです。なお、管理人は通称「黒タオル」組だったりしますが。

日本秘湯を守る会のホームページをチェックする

日本秘湯に入る会のホームページをチェックする

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です